Yoyogi AP

敷地環境
都内の閑静な住宅街。最寄り駅までは徒歩5分かつターミナル駅へのアクセスも容易な都心部に位置する。

周辺は傾斜地域となっとおり、 一方通行の狭い道路も多く、人・車の行き来が比較的激しい場所で、計画地は2面道路に面した角地である。

 

施主からの要望

計画地の利便性から周辺には多くのアパート、マンションが乱立しているが、そのような厳しい集客条件の中でデザイン性での差別化、収益面でのコスト管理、住み手にとって付加価値のあるアパートメントとすることを求められた。

 

設計コンセプト

決して大きな敷地ではない為、高度斜線をケアする一方で、傾斜地という条件である事から雨水にも適切に対処せなばならず、各所の地盤面と建物内部のレベルを綿密に検討する事が求められ、その中にあっていかに快適な居住空間を創るかが課題であった。

当初は傾斜地という地盤のレベル差を活かし、スキップフロアーとする案なども検討されたが、コスト的なこと、使い勝手等を考慮し、最終的には敷地をフラットに造成する案を採用した。

外観は都会的なイメージにあわせ、ホワイ トのサイディングとブラック色の板金によるシンプルな2色とし、形状に合わせ、使い分けをしている。

中央のエントランスアプローチスペースは、北側住戸にも光が入り込むように吹きさらしとし、かつアルミルーバーで囲うことで、周辺からの視線をやわらかく遮っている。

3住戸で構成されている。

個室間の壁を可動間仕切り戸とすることで、大きなワンルームとしてもしても2部屋の個室としても使用できる可変的なプランなど、内部プランは都会での多岐に渡る住み方に応えられる様、全て異なるプランとした。

そのうち、1住戸はメゾネットタイプとなっている。

 

場所:東京都渋谷区
構造:木造
用途:共同住宅
竣工:2016年

BLOGで工事過程を見ることが出来ます。→ここをクリック

竣工写真 撮影/北嶋俊治