尾張旭の家

築36年の個人住宅のリノベーションです。

子供が独立したため、老後の生活パターンにあわせてダイニングとキッチン、浴室廻りをリノベーション。

当時ではまだ珍しいRC造だった為、躯体を残して床・壁・天井を全て解体し一度スケルトン状態にしたうえで、
仕上材だけでなく、レイアウトも大幅に変更しました。

また快適な住空間を実現する為、温水式床暖房を設置し、窓ガラスはシングルガラスから真空ガラス(複層ガラスの4倍の断熱性を持っています)
に変更することで、特に冬場の寒さ対策を考慮しました。

リノベーション内容
1.ダイニングとして利用していた和室を洋室へ変更。
2.キッチンのレイアウトを動線を考慮し、全面的に変更。
3.以前からあったサニタリースペースをより効率よく使用できるようにキッチンのレイアウトと合わせて変更。
4.ダイニング・キッチンに温水式床暖房の設置。
5.小さかった浴槽を大きなサイズに変更し、手摺等を設置。これにあわせ、浴室スペースを拡大し、全面的にリニューアル。
6.浴室とつながる脱衣室は洗面化粧台、造作家具を新たに設置することで、今まで以上に広いスペースを確保。
7.外部に面する窓のガラスを1枚ガラスから真空ガラス(スペーシア)に交換。

今回、新たにダイニングに置かれたテーブルは、サイズがW2300×D850とビックサイズ。
通常、このサイズになると反りなどの問題が出るため集成材の上に突き板を貼った仕様で作られている場合が多いのですがこのテーブルはタモの無垢材(継ぎ接ぎ)で作られています。
製作協力は株式会社ドイモイコレクションズ。

またチェアーも別の家具会社となりますがナラの無垢材で作られています。

場所:愛知県尾張旭市
構造:RC造
用途:専用住宅
施工:有限会社ミノル綜建
竣工:2015年11月

BLOGで工事過程を見ることが出来ます。→ここをクリック